2024年から始まる新NISAとは?メリットや注意点を解説

  • URLをコピーしました!

2024年から、NISA(少額投資非課税制度)が大きく変わります。

新しいNISAと呼ばれるこの制度は、現行のNISAよりも非課税期間や投資枠が拡大され、より長期的で幅広い投資が可能になります。

しかし、新しいNISAには生涯非課税限度額という新たな制限もあります。

この記事では、新しいNISAのメリットや注意点を解説します。

目次

新しいNISAのメリット

新しいNISAには、次のようなメリットがあります。

  • 非課税期間が無期限になる
  • 現行のNISAでは、一般NISAは5年間、つみたてNISAは20年間が非課税期間でした。
    しかし、新しいNISAでは、非課税期間が無期限になります。
    つまり、一度非課税で購入した商品は、売却しない限りずっと非課税で保有できるようになります。
  • これにより、より長期的な投資がしやすくなります。
    また、ロールオーバー(移管)の手続きも不要になるので、手間も省けます。
  • 投資枠が拡大される
  • 現行のNISAでは、一般NISAは年間120万円、つみたてNISAは年間40万円が投資枠でした。
    しかし、新しいNISAでは、つみたて投資枠と成長投資枠という2つの枠が用意され、それぞれ年間120万円と240万円が投資枠になります。
    さらに、これらの枠は併用できるので、合計で年間360万円まで非課税で投資できるようになります。
  • これにより、より多くの資金を非課税で運用できるようになります。
    また、つみたて投資枠と成長投資枠では対象商品や買付方法が異なるので、自分の目的や好みに合わせて柔軟に選択できます。
  • 制度が恒久化される
  • 現行のNISAでは、一般NISAは2023年まで、つみたてNISAは2042年までと制度の終了時期が決まっていました。しかし、新しいNISAでは制度が恒久化されるので、いつでも始められます。
  • これにより、制度の終了を気にせずに安心して投資できます。

新しいNISAの注意点

新しいNISAには、次のような注意点もあります。

  • 生涯非課税限度額が設定される
  • 新しいNISAでは、1人あたり1,800万円の生涯非課税限度額が設定されます。
    この限度額は簿価(取得価額)ベースで管理されるので、売却すればその分を再利用できます。
    しかし、この限度額を超えると非課税で投資できなくなります
  • これにより、非課税枠の使い方には注意が必要です。
    特に、成長投資枠では株式や投資信託などの対象商品が広く、スポット買付も可能なので、非課税枠を早く使い切ってしまう可能性があります。
  • 現行のNISAから新しいNISAへのロールオーバーができない
  • 現行のNISAでは、非課税期間が終了する前に別のNISA口座に移管することで、非課税期間を延長できるロールオーバーという制度がありました。しかし、新しいNISAでは、現行のNISAから新しいNISAへのロールオーバーはできません。
  • これにより、現行のNISAで購入した商品は、非課税期間が終了したら課税対象となります。
    そのため、現行のNISAで保有している商品の見直しや売却タイミングには注意が必要です。

新NISAにぴったりな投資とは?

高配当株投資

新NISAは高配当株式投資に向いているという意見もありますが、注意点もあります。

高配当株式投資のメリットとしては、次のようなものが挙げられます。

  • 新NISAでは、成長投資枠で非課税期間が無期限になるので、配当金もずっと非課税で受け取れる。
  • 配当金は定期的な収入源となり、再投資や生活費に充てることができる。
  • 高配当株は安定した企業が多く、株価や市場動向に左右されにくい。

一方で、高配当株式投資の注意点としては、次のようなものが挙げられます。

  • 長期間続ける必要がある。短期間で大きな資産を形成できる投資手法ではない。
  • 少額投資だと配当金の魅力を感じにくい。数万円の配当金を得るためには数百万円の投資が必要となる。
  • 資産拡大にはキャピタルゲイン(株価の値上がり益)の方が向いている。高配当株は大きな値上がりはあまり期待できない。

以上のように、新NISAは高配当株式投資に向いているという一面もありますが、目的や好みによって選択肢は異なります。

高配当株式投資をする場合は、メリットや注意点を理解しておくことが大切です。

インデックス投資

高配当株式投資以外におすすめの投資方法は、目的やリスク許容度によって異なりますが、一般的には以下のような方法が考えられます。

  • つみたて投資枠を使って、インデックス型投資信託などの長期・分散・積立投資を行う。これは、現行のつみたてNISAと同じ方法で、非課税期間が無期限になるメリットがあります。毎月の積立額は10万円までで、15年間続けると生涯非課税限度額の1800万円を使い切ることができます。
  • 成長投資枠を使って、上場株式やETF、より種類豊富な投資信託を購入する。
    これは、現行の一般NISAと同じ方法で、年間240万円まで非課税で投資できます。
    高配当株を購入して配当金を受け取るという方法もあります。
    生涯非課税限度額は1200万円までです。
  • つみたて投資枠成長投資枠を併用する。
    これは、年間360万円まで非課税で投資できる方法で、ライフプラン用の積立投資とボーナスなどでの成長株投資を使い分けることができます。
    夫婦共働きの場合は、2人でNISAを活用することで年間720万円まで非課税で投資できます。

以上の方法は、2024年から始まる新しいNISA制度に基づいています。

新NISAが始まるまでは、現行のつみたてNISAや一般NISAを利用することもおすすめです。

まとめ

新しいNISAは、2024年から始まる非課税投資制度です。

非課税期間や投資枠が拡大され、より長期的で幅広い投資が可能になります。

しかし、生涯非課税限度額やロールオーバーの制限もあります。

新しいNISAを利用する際は、メリットや注意点を理解しておくことが大切です。

来年まで時間はあるのでしっかりとした準備をして
万全の態勢で素晴らしいNISAを活用していきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次